スポンサーリンク

Amazon で商品に納品書が入ってなかったときに郵送で受け取る方法

近年 Amazon で買い物をしたときに、これまで商品と一緒に入っていた納品書が徐々に同封されなくなってきています。 Amazon では次のように書かれています。 「Amazonグループでは、環境への配慮と利便性の向上の目的で、一律に紙で納品書をお送りするのではなく、納品書や領収書が必要な方に必要なタイミングで何度でもご利用いただけるよう、サイト上から領収書を印刷していただける機能を導入しています。」 今後は全て...

男の子のおもちゃ選び「トランスフォーマー」

我が家では5歳からトランスフォーマーブームが始まりました。 現代の男の子なら大半が一度はハマるシリーズではないでしょうか。 トランスフォーマーはタカラトミーから様々なシリーズ(大きさ)が発売されています。 基本的にロボットのおもちゃというのは、同じ大きさのシリーズで複数集めて戦って遊ぶものです。 そうなると効果で立派な大きいものが複数あっても、子供には遊びにくく、何より変形して遊ぶトランスフォー...

子供のおもちゃ選び「レゴ LEGO」

子供のおもちゃの定番レゴですが、種類が豊富なだけに選ぶのが難しいかもしれません。 子供本人に選ばせれば早いのですが、日頃同居してない祖父が孫にプレゼントしたいときなどはそうもいきません。 そしてレゴは値段もピンキリで、下は千数百円の物から上は数万円というものまであります。 子供や孫とおもちゃ売り場に行き選ばせ、数万円のを選ばれてしまって予算オーバーなんてときには、折角の喜んでもらうためのイベントな...

男の子のおもちゃ選び「マイクでうたえる♪はじめてのパソコンだいすき」

今回紹介するのは、BANDAI の「マイクでうたえる♪はじめてのパソコンだいすき」です。 我が家では4才の誕生日にプレゼントしました。 このシリーズには種類が沢山あって、この商品は最も安価でありますが画面が白黒の液晶となってます。 ミニゲームが沢山入ってる物で、キーボード操作が出来ない子供でも遊ぶことが出来ます。 他の商品と違ってマイク機能というのがあるので、喋って遊ぶことも出来ますが、マイク機能を...

氷を使って火を起こす方法

災害大国日本では、ある日突然サバイバル生活に強いられるかわかりません。 ピンチのときに大切なのは発想を広く持つことですね。 海外から「氷を使って火を起こす方法」が紹介されていたので、是非覚えておきましょう。 筆者も最初は、氷同士をぶつけても火花は出ないしどういうことだ? と思いましたが、動画を見て納得しました。...

「今昔マップ on the web」昔と現在の地図を比較

「今昔マップ on the web」は、全国9地域の明治期以降の新旧の地形図を切り替えながら表示することができる WEBサービス。 主要都市9ヶ所だけなのが残念ではありますが、自分の住んでる地域があれば楽しめるかと思います。 「どうしてこの道はこんな所で行き止まりなんだろう?」とか「何でこんなところに空港なんて作ったんだ」などの謎が解けるかもしれません。 今昔マップ on the web http://ktgis.net/kjmapw/inde...

男の子のおもちゃ選び「R/C スーパーはたらくクルマ スーパーショベル」

今回紹介するのは、CCP の「R/C スーパーはたらくクルマ スーパーショベル」です。 我が家では対象年齢ではないですが3才9ヶ月のクリスマスにプレゼントしました。 本格的なショベルカーのホビーラジコンなどは 1~3万円しますが、このCCPのスーパーショベルは子供のおもちゃとして作られているので、3500円~位で売られています。 その割りに大変よく出来ていて、サイズも大きく、かなりお買い得な一品です。 キャタ...

男の子のおもちゃ選び「Jada Toys ダイキャストカー」

今回紹介するのは、Jada Toys のダイキャストカーです。 我が家では対象年齢ではないですが3才9ヶ月のお正月にプレゼントしました。 Jada Toys はアメリカのメーカーだと思われます。 箱は全て英語で書かれていていますが、生産国は中国です。 1/24にしては大変安く(Amazonで3000~4000円程)、複数集めたい方にもお勧めです。 他のメーカーの同サイズなら6000~20000円が相場のようなので、子供のおもちゃとしてこの...

子供のおもちゃのお手入れ

シールの張り方 傷消しなど 車のおもちゃなどのキーキー音対策 レール状のおもちゃの滑り回復 電装品が動かない時 シールの張り方 メンテナンスとは少し違いますが、大半の子供のおもちゃは購入後にシールを貼る作業があります。 このシールがすぐに剥がれてしまっては、子供が残念がりますし、剥がれたところも汚くなってしまいます。 シールを長持ちさせるには、最初に手間をかけてもしっかり貼ることが大切です...

○○のプロは信用してはいけない

テレビなどでは度々○○のプロとかいう人が登場します。 評論家や学者なども出てきますし、元○○というのも出てきます。 共通して言えることは「偉そう」だということです。 しかし態度が偉そうなだけではなく、中には本当に的を得た発言や、為になる知識を教えてくれる人も居ます。 しかし彼らは、未来予想や予言系の話になると責任逃れのために中々断言しません。 プロや先生などと呼ばれる人達は、予想を外すということは恥...
スポンサーリンク
_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。