スポンサーリンク

Amazon で商品に納品書が入ってなかったときに郵送で受け取る方法

近年 Amazon で買い物をしたときに、これまで商品と一緒に入っていた納品書が徐々に同封されなくなってきています。
Amazon では次のように書かれています。

「Amazonグループでは、環境への配慮と利便性の向上の目的で、一律に紙で納品書をお送りするのではなく、納品書や領収書が必要な方に必要なタイミングで何度でもご利用いただけるよう、サイト上から領収書を印刷していただける機能を導入しています。」

今後は全ての発送で同封しない方向で統一されるものと想像されます。
このようには書かれているものの、公式サイトのリンクを辿ってサポートに文字チャットで要求するだけで、無料で郵送してくれます。

何故郵送してくれるのかというと、「印刷環境のない人間はどうしたらよいのか?」という問題があるからです。
そもそもPCではなくスマフォで注文している人はプリンターがないわけです。
筆者の感覚では納品書は節約してよい対象とは思えないですし、店頭で買い物をしたときにレシートをくれない店などありません。
というわけで抗議の意味も込めて毎回商品が到着後に納品書を要求しています。

以下筆者が毎回納品書を受け取っている手順を解説します。
現時点ではこの方法で無料で郵送にて受け取っていますが、今後変更される可能性もあります。

Amazon のトップページのフッター(ページの一番下)のリンクから「カスタマーサービスに連絡」に進む。

ページが切り替わったら更に「カスタマーサービスに連絡」をクリック。

「1」のところが対象の注文内容であることを確認。
「2」のところを「注文のお支払いについて」と「領収書、納品書」を選択。
準備が出来たら「3」のところの「チャット」をクリック。

別ウィンドウでチャットが開くので、件名程度の手短な内容を入力して「チャットを開始」をクリック。

後はオペレーターとのチャットでのやり取りとなります。
「商品に納品書が同封されておらず、印刷環境が無いので納品書を郵送してほしい」との内容を伝え、いくつかの確認事項の質問に答えて完了。

筆者は2017年夏現在、毎回この手順で納品書を受け取っていますが、今後どうなるかはわかりません。
筆者と同様に要求する方が増えれば、オペレーターの手間や別途送料をかけて郵送することを考えれば、以前のように必ず納品書を同封するように戻るかもしれません。

スポンサーリンク
rss1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook rss2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク
_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。