スポンサーリンク

子供のおもちゃ選び「レゴ LEGO」

子供のおもちゃの定番レゴですが、種類が豊富なだけに選ぶのが難しいかもしれません。
子供本人に選ばせれば早いのですが、日頃同居してない祖父が孫にプレゼントしたいときなどはそうもいきません。
そしてレゴは値段もピンキリで、下は千数百円の物から上は数万円というものまであります。
子供や孫とおもちゃ売り場に行き選ばせ、数万円のを選ばれてしまって予算オーバーなんてときには、折角の喜んでもらうためのイベントなのに双方悲しい気持ちにならなければならないという残念なことになってしまいます。
そこで筆者がお勧めするのは、レゴはキャラクターものとは違い、絶対これでなければならないということはないので、大体の好みを把握した上でプレゼントを準備してしまうという流れです。

レゴをプレゼントする際に注意して頂きたいことがあります。
特に最初が肝心なのですが、大人がしっかり一緒に作って遊んであげることです。
これが出来ないのであればレゴではなく別の物の方が良いかと思います。
他のおもちゃのように買い与えて放っておいても覚えるようなものではありません。

大半のパッケージが対象年齢は0-3才がダメだと書いてあることからそれ以上なら良いということなのでしょうが、メーカーが記載しているこれは「飲み込まない」という意味での対象です。
子供はうまく遊べないとストレスでイライラするので、その状態ではまだ早いということになります。
レゴの場合このイライラ要素となるのはブロックを外すときです。
組み立てる方は4才でも問題ありませんが、後に説明する「ブロック外し」がうまく使えるかどうかがポイントなのです。
我が家の経験では、早生まれ3才の時点では飲み込む心配は無かったものの、このブロック外しがうまくできずまだ無理でした。
4才の時点でうまく使えるようになりましたが、作る方はうまくイメージどおりにできていないようでした。
5才になり絵がある程度上手に描けるようになったころ、レゴもイメージ通りに色々作れるようになってきました。

なので基本的に4~5才の間は、子供のリクエストに応えて色々作ってあげて、それをベースに色々くっつけて改造して楽しませるという感じになります。
5才にもなれば自分で色々作り始めるので、特殊な部品の使い方や、特殊な組み方(ブロックを立て向きに作るなど)などを実演して見せて、後は好きなように遊ばせるといった感じです。
それでもまだまだ自分が遊びたいほどの見栄えが良いものを自作することは出来ないので、たまには気合の入れた作品を作ってあげるといいでしょう。
これが重要で、アイデアを盛り込んだ作品を作って与えることで、子供もパーツの使い方のイメージが広がっていきます。

レゴ選びのポイント

まずレゴには「ブロック外し」というものが必須です。
これが無くては小さなブロックは外すのが不可能です。

ブロック外しはどのレゴにも入っているわけではなく、主にクラシックセットと言われるベースのセットの中に入っています。
このベースのセットは年度により値段も中身も大きく変わり、プラスチックのバケツで大量に入ったものが4~5千円で売られる年もあれば、紙パッケージのものが2千円程度で売られる年もあります。
筆者としては最初はまずこのセットを買ってあげることをお勧めします。

もし最初から特殊な形のセットを買うのでしたら、ブロック外しを単体で入手もできます。
ですがイオンやヨドバシのおもちゃ売り場を見てもこれを単体では置いてませんでした。
Amazon では単体で300~400円売ってることからありがたいです。
物の大きさからして関東でもメール便で送料無料で買えるはずです。
現在の価格は画像をクリックすると確認できます。

では実際に色々なパッケージの中から、お得な楽しめそうなものを選んでみましょう。
筆者のお勧めは、まずベースセットである程度の量を確保して、次からはなるべく特殊な形状のパーツが多く含まれている物を選ぶスタイルです。
男の子なら、乗り物・ロボット・怪獣などを作りたがるものなので、それに使えそうなパーツが含まれているかがポイントです。
女の子なら、家などの建造物や動物なんかがメインとなると思うので、ベースセットでも十分かと思われるかもしれませんが、女の子向けの色合いのセットやシンデレラ城セットなど多彩にあるので、是非色々見てから決めて下さい。

ベースセット

各画像をクリックすると、Amazon のページで組み立てた画像などが見れるので、価格とブロック外しの有無などを確認して下さい。

レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス 10698

ショベルカーは男の子にとっては最高ですが、他が動物や家が主体であることから女の子向けだと思います。

レゴ (LEGO) クラシック アイデアパーツ 10695

乗り物と動物が半々ということで、男女問わずバランスをとった感じです。

レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス 10696

これは乗り物が多いですし男の子でしょう。
タイヤの数も勿論ですが、列車の連結パーツなどが魅力で、こういうパーツはオリジナル作品のときに活きてきます。
これは価格も魅力ですね。

レゴ クラシック 10697 アイデアパーツ

中身は男の子が喜びそうなものがてんこ盛りですが、価格がもう少し安ければといった感じです。

レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス 10692

これは価格も魅力なのですが、その割に中身も結構いいと思いますよ。
筆者からみると、赤いF1型の車と、青い飛行機に使われてるパーツは独特な形状なので、他に流用できて貴重だと思います。
大きなベースセットより、これとプラス特殊なセットの方が夢があると思います。

レゴ (LEGO) クラシック アイデアパーツ 10702

これは何といっても寺とラジオが魅力的な部品がついてますね。
船の部品も夢が広がります。
車に使ってるパーツも珍しい色なので貴重です。

レゴ (LEGO) デュプロ ピンクのコンテナデラックス 10571

女の子用で価格を抑えめに量が欲しかったらこれが結構よい感じです。
勿論タイヤなどが不要であれば男の子にもいいと思います。

レゴ (LEGO) クラシック アイデアパーツ 10693

男の子用で価格を抑えめにとお考えであれば、筆者としてはこれが一押し。
筆者が買ったころにこれがあれば迷わず買っていました。
かなり美味しいパーツが入っていますね。
乗り物やロボットが好きな子には、かなりいいと思いますよ。
質の割にお得感が高いと思います。

特殊なセット

ベースセットと違い、特殊なセットにはブロック外しは付属して無くて当たり前と思ってください。
大量にある全商品を紹介なんてのは到底無理なので、ここでは色々使えそうな特殊なパーツが豊富なお勧め品をピックアップします。
レゴは普通の四角いパーツばかり増えても全く面白くないので、選ぶ際にはそこに注目して下さい。
また色も重要で、例えばパトカー・救急車・消防車が作りたい子供には、白黒赤が必須になります。
戦闘機や戦車となればグレーや黒、動物であればそれぞれの色、恐竜であれば緑茶、子供の趣味に合った色を増やすと、オリジナル作品を作るときに楽しめます。

女の子向けシリーズ

レゴ (LEGO) ディズニープリンセス シンデレラの城 41055

間違いなく女の子にはたまらない一品でしょう。
値段もそれなりにしますが、中身の質とパーツ数を考えると結構お得な気がします。
人や猫や犬は完成状態のフィギュアなので、このセットでしか手に入りませんね。
ハートの飾りなども他のセットでは見たことがありません。

レゴ (LEGO) ディズニープリンセス ロイヤルペット ロイヤルキャッスル 41142

小さなセットでありますが、デザインも良く付属の動物がかわいらしいので良いかと思います。

レゴ (LEGO) フレンズ ハートレイクのフードマーケット 41108

お店作りが好きな子には、この小物の充実は魅力だと思います。
内容の割にお買い得な価格設定だと思います。

レゴ (LEGO) フレンズ ポップスター リヴィのセレブハウス 41135

家の中を作りこみたいという子にはこういうのが面白いと思います。
これは大きさもそれなりにあるので、価格もそれなりですね。

レゴ (LEGO) ディズニープリンセス アナとエルサのアレンデール城 41068

アニメが好きでこのキャラクターに価値を感じる子には良いと思います。
筆者はアニメを見ていないので、建物の再現度に関してはわかりません。

レゴ (LEGO) フレンズ レゴ(R)フレンズ アドベントカレンダー 41131

画像を見た感じと価格からしてもこれは小物セットだと思います。
ですが小物が女の子には魅力あるものだと思うので紹介します。
本来は別の建物レゴを持っていれば本領発揮なのですが、救済処置なのか箱が建物の代わりになるようです。
Amazon で数枚画像があるので確認してみて下さい。
アドベントカレンダーというシリーズは他にも色々あるので、もしかしたら季節毎に箱を使って小物を飾ってカレンダー代わりにするというものなのかもしれません。

レゴ (LEGO) ディズニー・プリンセス アリエルの海の宮殿 41063

アニメを見ていなくても普通に楽しめるような充実した内容です。
ただ建物は流用性は無いと思うので、説明書通りに組み立ててその後はそのまま遊ぶ感じかなと思います。

レゴ (LEGO) ディズニープリンセス ベルの魔法のお城 41067

こちらも上記同様流用性は無いですが、ディズニーシリーズを集めていくなら欲しい一品でしょう。

レゴ (LEGO) ディズニー・プリンセス エルサのアイスキャッスル 41062

クリスタルパーツが多く見栄えが良いです。
ディズニーシリーズの中では色々形を変えたり流用性もありそうです。
氷の城が再現されていてデザインも良いと思います。

ロボット物

レゴ (LEGO) ネックスナイツ ハルバート王のバトルメカ 70327

ロボット物は種類が少ないので、ロボットが好きな子供はこういう物を買って自分が好きな形に作るのがいいです。
関節部分がロボットならではの物なので、それさえ手に入れば他のレゴのパーツなどを使って、ガンダムでもトランスフォーマーでも似たようなものを作ることが出来るでしょう。
ロボットを作るならとにかく関節なのです。

レゴ (LEGO) クリエイター フライヤー・ロボット 31034

こちらは派手さは無いものの、飛行機にも車にも作り替えられるという優れもので、それでいて価格も安い。
コストパフォーマンスも考えれば、これは他と比べて飛びぬけて買いです。

LEGO レゴ バイオニクル マスター オブ アイス コパカ LEGO Bionicle Kopaka 70788

レゴ バイオニクル エキム ザ・マスクメーカー Ekimu the Mask Maker 71312

レゴ バイオニクル マスクメーカー & スカルグラインダー 70795

レゴ バイオニクル マスター オブ ジャングル レワ 70784

宇宙物

レゴ (LEGO) ネックスナイツ 移動城塞フォートレックス 70317

これ一つでしばらく遊べそうなほど大きいです。
ネックスナイツシリーズを集めるならメインで一番最初に欲しいところでしょう。

レゴ (LEGO) シティ 宇宙センター 60080

宇宙と言えばスペースシャトルということで定番のこのセットです。

レゴ (LEGO) シティ スペースシャトル 60078

宇宙ステーションに手が届かなければ、シャトル単体のこちらもお勧めです。
大きく開閉するので、人を乗せたりなど遊びやすいと思います。

レゴ (LEGO) ニンジャゴー トランスメカ バトルライド 70595

筆者はこのアニメはわかりませんが、これは作った後も色々と遊べそうです。
しかしパーツも特殊なものが多いことから、小学生くらいにならないと難しいような気もします。
ただかなり面白そうなことだけは確かです。

レゴ (LEGO) ネックスナイツ 4in1 マルチソードライド 70315

飛行機にも車にもなる優れもの。
ヒーローものが好きな子供が好みそうな色合いで、作った後も色々遊べるでしょう。

スターウォーズシリーズ

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン 75105

宇宙と言えばスターウォーズですね。
このシリーズを集めるなら一番大物がこれです。
大きさも凄いですが値段も凄いです。
子供のおもちゃにしては行き過ぎなきもしますので、パパも趣味ならといった感じでしょうか。
パーツや遊び方がどうこう以前にママの顔色次第です。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ 反乱軍のUウィング・ファイター 75155

スターウォーズシリーズの二番目の大物といった感じでしょうか。
色々な形に作り替えるという点ではやり易そうです。
もう少し安ければお勧めしたいところなのですが、この値段ならもう少し内容が充実していてもよさそうな気がします。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ ポーのXウィング・ファイター 75102

こちらも物はいいのですが値段がもう少し安ければといった感じです。
しかしオレンジと黒の部品はレゴでは希少なので、価値はあると思います。
ベースセットなどでは白黄青赤緑ばかりが増えていくんですよね。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ オビ=ワンのジェダイ・インターセプター 75135

こちらは小さく物足りない感じもしますが、価格が安く珍しいパーツが多いので紹介しておきます。
特にコクピットと翼はかなり貴重です。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ ビルダブルフィギュア グリーヴァス将軍 75112

スターウォーズファンとしては貴重な一品ですが、他のロボットの材料になるタイプではありません。
パーツが特殊すぎて流用性は無いと思います。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ インペリアル・トループ・トランスポート 75078

スターウォーズの雰囲気を出そうと思ったらこのキャラクター、ストーム・トルーパーだけは絶対に外せません。
ある意味ダースベイダーよりもこれではないでしょうか。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ 帝国のアサルト・ホバータンク 75152

ストーム・トルーパーをまだまだ増量したいという方は、こちらも良いでしょう。
ホバータンクの出来も良く、喜んでくれるはずです。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ シャドウ・トルーパー 75079

キャラクター集めがメインの一品。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ ドロイドの脱出ポッド 75136

キャラクター集めがメインの一品。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ カーボン冷凍室 75137

キャラクター集めがメインの一品。

レゴ (LEGO) スター・ウォーズ デス・スター 最後の決戦 75093

高いですが、主役と決戦ステージを手に入れるためには…といった感じです。

乗り物各種

レゴ (LEGO) シティ レースバイクキャリアー 60084

筆者も実際に買った一品です。
レーサーレプリカタイプのバイクはこれしかない。
車にレッカー連結パーツがある。
シルバーグリルにクリアレンズ。
フルフェイスのヘルメット。
これほど安いのに貴重なパーツがてんこ盛りです。

レゴ (LEGO) クリエイター 車両輸送車 31033

キャリアカー・クレーン車両・レッカー車と3タイプに作り替えられて、2種の乗用車のパーツもセンスが良く、そしてこの安さ。
車好きのお子さんへのプレゼントならこれは間違いないでしょう。

レゴ (LEGO) シティ 空港ターミナルと旅客機 60104

空港を再現する一式が揃っていて、組み立てた後も遊べると思います。
ターミナルもクリアパーツでガラス張りが再現されておりセンスも良いですね。
ジャンボジェットのデザインも良いので飛行機好きのお子さんにはお勧めです。

レゴ (LEGO) シティ ポリスステーション 60047

警察好きのお子さんに警察シリーズを順次与えていこうと思ったら、出来れば最初にこれを与えたいところです。
値段の値はある充実内容で、組み立てた後もかなり遊べます。
恐らくこの内容に不満を感じる人はいないと思うので、値段の問題だけかと思います。

レゴ (LEGO) シティ ポリスベーストラック 60044

警察シリーズを集めるならこれも欲しいところですが、日本の警察ではトレーラーは余り馴染みが無いかもしれませんね。
ですが中が司令本部として作りこまれていて、作った後に色々遊べる優秀な一品です。
そしてこの内容で驚きの安さ。

レゴ (LEGO) シティ 海底調査艇 60095

子供のおもちゃで船となると大抵は客船かフェリーが定番ですが、これは珍しい海底調査艇と沈没船という組み合わせです。
海底を演出するための魚までついていて、内容はかなり豪華です。
予算次第といったところでしょうか。

レゴ (LEGO) スピードチャンピオン F14 T & スクーデリア・フェラーリ トラック 75913

フェラーリのF1チームを再現するセットです。
フェラーリのライセンス料を考えるとこの価格でこの内容は納得できるのではないでしょうか。
F14Tは2014年シーズンのアロンソとライコネン時代のもので、段差ノーズ二年目の滑らかなデザインのものです。
フェラーリのエンブレムだけではなく、フィアット・シェル・サンタンデールといったスポンサーロゴまで再現されてます。
F1が一台ということもあり、レースを再現するのではなく、モーターホームを再現して楽しむものだと思います。
トランスポーターの作りが素晴らしく大きく開閉するので、遊びやすさも間違いないでしょう。
ピットクルーのみならず、コースの下見などにつかうスクーターまでついてるのはポイントが高いです。
スペアのフロントウィングまであるのは、レースをよく知ってる人が商品化している表れでしょう。
ブロック外しが入っているのもいいですね。

総合すると対象年齢は高めかもしれません。
ジャンル問わずテレビでレース中継を見るような子供なら喜んでくれると思いますし、F1中継を見て「フォルツァ!フェラーリ!」と叫んでるような子なら確実です。

レゴ (LEGO) スピードチャンピオン ラ フェラーリ 75899

車好きのお子さんにフェラーリレゴを与えたいと思っても、上記のF1セットは手が届かないという方は、こちらがお勧めです。
ライセンス料が入っているとは思えないほどの低価格で、あのラ・フェラーリが買えます。
フェラーリは昔のようにスペシャルモデルだけではなく、現在は一般向けとは言えませんがミドルクラス(ベルリネッタなど)のモデルも発売しています。
テスタロッサ・F40・F50・エンツォ・458イタリア、とスペシャルモデルの血を受け継ぐのが、このラ・フェラーリです。
とは言っても価格が安いこともあり、ボリュームもデザインも少々物足りない気もします。
せめてフロントをもう少し薄く低くできれば良かったと思います。
筆者なら説明書通りには作らず、最初から薄く改良して組み立てます。

レゴ (LEGO) スピードチャンピオン ポルシェ 919 ハイブリッド& 917K ピットレーン 75876

レースセットでF1以外となるとやはりWECでしょう。
ピットのパーツも豊富で、何より車が二台あることから遊べると思います。
近年のWECを再現するならアウディとトヨタも欲しいところですが、他のレゴを色々と持ってるなら大抵は作れると思うので、作ってあげると喜ぶと思います。

レゴ (LEGO) シティ 消防署 60110

中身も価格も立派です。
警察セットを持っているなら是非とも隣に並べたくなるところです。
はしご車はかなりクオリティが高いですね。
建物はかなり改造の自由度が高いと思うので、日本風の消防署の再現は容易と思われます。

レゴ (LEGO) シティ はしご車 60107

上記のセットが手が届かなければ、こちらの車両のみがお勧めです。
建物は他のレゴセットなどを流用して、赤と白のパーツで組み上げればそれっぽくなると思います。

レゴ (LEGO) シティ 海底潜水艦 60092

使っているパーツが良く、色々なものに作り替えられると思います。
そのまま宇宙探索機としても遊べそうですね。
ロボット系が好きなお子さんには喜んで貰えると思います。

レゴ (LEGO) シティ 海底調査スタートセット 60091

上記のセットの増量アイテム的な商品です。
価格がとても安いことから、上記のセットを気に入ったお子さんには是非プラスしてあげたいですね。

レゴ (LEGO) シティ ガソリンスタンド 60132

車の中でも一般車両を好む子には、このようなガソリンスタンドがあると、日常のカーライフを再現出来て面白いかと思います。
付属してる車もユニークなものがあるので、楽しめると思います。
洗車機のブラシのパーツは貴重ですよ。

レゴ (LEGO) シティ ポリスカーのドロボウ追跡 60128

警察シリーズですが、他のセットのパトカーとは違いスポーツカータイプなのがポイント。
泥棒側の車もレゴでは珍しいハイラックス型なのでこちらもポイント。
そして注目したいのは、素直にパトカーにしないでステッカーを貼らずに白いスポーツカーにすることも可能ということ。
他のレースセットなどでスポーツカーを増やしたいと思っていたならこれが使えるので、お子さんに確認してからパトカーにしてしまうかしないかを決めるといいです。

レゴ (LEGO) テクニック 疾走レーサー 42046

この車の最大の魅力は、個性的なパーツが多い中でもタイヤに注目です。
このタイプのタイヤは珍しく、レースカーを作るときには最高のタイヤです。
またこの商品は珍しいもので、下記の車も買うことにより、両方のパーツを合わせて更に違う車を作れるというもの。

レゴ (LEGO) テクニック 4WDポリスカー 42047

上記の説明と同様にこちらもタイヤが魅力。
上記のセットと組み合わせることで新たな車に変化するのは子供にとっては嬉しいと思います。
是非セット購入、又はイベント二回連続で順番に買ってあげて下さい。

レゴ (LEGO) シティ エアーショー 60103

飛行機三機にドックに牽引車両といった豪華内容です。
飛行機の中でも戦闘機が好きなお子さんには最高でしょう。
最もうれしいのはハッチが開閉するところです。
やはり外さなくてもパイロットを乗り降りさせれるのは子供にとっては嬉しいものです。

レゴ (LEGO) シティ ビル解体工事現場

工事車両が好きな子には間違いなくこれです。
クレーン部など特殊なパーツが盛り沢山ですが、何よりうれしいのがキャタピラです。
これを流用すれば戦車なども作れるでしょう。

レゴ (LEGO) ニンジャゴー トランスメカ バトルライド

値段はそれなりにしますが、内容は充実。
このコクピット・タイヤ・キャタピラなどは他には無いですね。
キャラクターもついてるのでこれだけで遊べるでしょう。

その他

レゴ (LEGO) テクニック パワーファンクション・モーターセット 8293

レゴは作ったら眺めるだけだと思ってる方も多いかと思いますが、時代は変わり今ではモーターで動かすことが可能です。
当然ながらただ格好良く組み立てるよりも何倍も頭を使います。
小学生の高学年以上でなければ難しいでしょう。
動かすイメージ設計から自分でやらなければならないため、ある意味プラモデルやホビーのラジコンよりも頭を使います。
それ故にこのパーツは大人でも楽しめると思うので、子供と一緒に作って動くようにしてあげるという楽しみ方ができると思います。
子供が自分でレゴを組み立てるだけでは物足りなさを感じるようになったら、このパーツで次のステップに導いてあげると良いのではないでしょうか。

yoshiya ジュラシック ブロック 完全 互換 恐竜 8体 セット

これはレゴ純正ではないのですが、互換性のある恐竜セットです。
レゴにはこれに代わるものが無いので紹介しておきます。
とはいっても背中に4つはめるところがあるだけで、フィギュアセットと言われればそれまでです。
恐らくレゴ互換を謳ってるので、足の裏には嵌める穴があると信じたいですが、もしそれが無ければただのフィギュアでしかありませんね。


他にも色々ありますが、基本的に女の子向けの物はパッケージがピンクか紫のデザインをしています。
主に人気のある物や価格設定が魅力的なものを紹介しましたが、1万円以上でも良いという人ならもっと立派なものも色々とあるので、レゴの公式サイトで検索した後に、Amazon で実売価格を調べるとよろしいかと思います。

スポンサーリンク
rss1 RSS Feedly はてな Line Tweet FaceBook rss2 Follow Follow none none none none
スポンサーリンク

コメント

コメントの投稿

_____________________________________________________________________________________________________
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。